大事な個人情報を守るために業者に頼もう

パソコン

パソコン廃棄や新しくメーカーを探す時に参考になります

こちらでは、パソコン廃棄の後に、ユーザーが新しくパソコンを購入する際、簡単にメーカー比較が出来るようにランキングにてまとめています。他には、知っておきたいパソコンや電子機器の廃棄時に必要な消去方法をわかりやすく説明していきます。

パソコン利用社数ランキング

no.1

ヒューレット・パッカード

世界でも利用者が多いメーカーでパソコン本体だけでなく、プリンタも人気があります。コストパフォーマンスに優れており、国内では10万円以内で購入できるパソコンのバリエーションが豊富にあります。

no.2

NEC

日本国内において、多くの人にシェアされています。その理由は、持ち運びに便利だからです。NEC直営のウェブサイトでは限定モデルが販売されているから人気です。サポートでは電話とウェブ、どちらの品質もトップを誇っています。

no.3

富士通

同じく人気のNECと互角で利用者が多いメーカーです。ネットだけではなく、ワンセグにも力を入れていて地デジ対応のデスクトップも魅力の一つです。サポートにも定評があるので初心者にも安心だと思います。

no.4

Dell

会社などで利用していることも多いことで人気を広めています。高スペックも会社で使用するものとして、選ばれる要因の一つでコストパフォーマンスにも定評があります。それだけではなく、キャンペーンなども定期的に行っているので安く手に入れたい方にもお勧めです。

no.5

VAIO

スタイリッシュで、パソコンのデザインにもこだわりたいユーザーからの支持があるメーカーです。その理由で高級なイメージがありますが、ビジネス向けで使いやすいデザインで値段も手頃な10万円代です。低価格で高いパフォーマンスを落とさない所も人気の理由だと思います。

データ消去方法

メンズ

安心なデータ消去技術

パソコンやスマートフォンを廃棄する際は特に、大切な個人情報がどうなってしまうのか心配になると思います。ですが大体の業者は、基本サービスの一環として無料でデータ消去サービスを行っているので利用していきましょう。一部有料になるサービスもありますので確認が必要です。

破壊機によるデータ消去方法

データ消去といっても方法は様々ですが、専用機で物理的に機器を破壊して消去する方法がありあます。例えば携帯電話やタブレット端末を大型専用機などで圧力をかけ、破壊処理を行なっているところもあります。

磁気消去機での消去

物理的破壊消去とは違う方法で行なうのが、強力な磁気を使って行われる方法です。磁性体に記録されている内部データに直流で強力な磁場を照射しているので、混合されている磁気媒体も消去可能となります。

データ消去以外のアフターケア

単なるデータ消去をするだけでなく、データ消去を行った証拠となる証明書発行や、データを保管しておきたい方のために行なうハードディスクを返却するサービスを行っている業者もあるようです。

広告募集中